お問合せ 9:00~17:00tel:072-221-0171

安産腹帯祈願イメージ 安産腹帯祈願イメージ

安産腹帯祈願

妊娠五ヶ月目の戌の日に、子宝に恵まれた事に感謝し
胎児の健康と丈夫な赤ちゃんを無事出産できるように祈願いたします。

ご祈願された方にはさらしの帯を授与しております。
ご祈願は戌の日に限らず毎日受け付けております。

2019年 戌の日表

1月 1日(火祝) 13日(日) 25日(金)
2月 6日(水) 18日(月)
3月 2日(土) 14日(木) 26日(火)
4月 7日(日) 19日(金)
5月 1日(水) 13日(月) 25日(土)
6月 6日(木) 18日(火) 30日(日)
7月 12日(金) 24日(水)
8月 5日(月) 17日(土) 29日(木)
9月 10日(火) 22日(日)
10月 4日(金) 16日(水) 28日(月)
11月 9日(土) 21日(木)
12月 3日(火) 15日(日) 27日(金)

安産の神様、神功皇后と開口神社のつながり安産の神様、神功皇后と開口神社のつながり

神功皇后は臨月でありながら、見事に新羅遠征を果たし、帰国後、無事出産された事で安産・子育ての女神として篤く信仰されています。

当神社は今から約千八百年前、三韓より帰国された神功皇后が長旅の無事をお守りくださった「塩土老翁神」をこの地にお祀りするため建てられた御社です。

「開口」(あぐち)という名は神功皇后がこの地に上陸した時、お食事をとられるために初めて口を開かれたので、その名が付けられたと言い伝えられています。

そしてその方角が海に向けられていたという事から潮の干潮に関連し、古代より「海の神様・安産の神様」として崇められ「堺の氏神様」として親しまれております。

このように、安産の神様である神功皇后と開口神社は深いつながりがあるのです。